6/20 ケトプロフェンテープ「ラクール」は温感だよ、って今更?(゚∀゚)

ジャンクG
ども、ジャンクGです!

打ってもらいましたよ、新型コロナワクチン、小湊ィ…じゃなくてコミナティ。

5/21に1回目を打ってもらい、6/11に2回目を打ってもらいました。

いやぁ、1回目も2回目も翌日の腕の痛みはありましたが、肩が上がらないなんてことはなかったですね。

でも、2回目の翌日の倦怠感と頭痛はなかなか辛かった( ´Д`)

休みで良かった。

オープニングは、2020年11月に読んだ本だお、って話。

去年の11月に読んだ本はこちら↓

「医学論文の活かし方」ですね。

なんかブログに画像貼ろうとしたらデータがあることに気づいて…

あぁ、前にブログに書いたからだ!

そのブログ↓

12/31 読めよ薬剤師2020、だ!

その時も感想書いたけど、一応、

・実務に活かせそうな論文の情報が得られる。

・論文に対してどう考えたかも知ることができる。

なんて思いました。

実際に自分で医学論文探して読むところまでには至って無いので、そこが課題ですね。(おいおい

本題は、ケトプロフェンテープ「ラクール」は温感だぜ、注意しろ‼︎って話。
では本題。
ま、今更なんですけどね。
発売したのは去年の11月頃みたいだし。
これさ、温湿布なんですよねぇ。
それでこれに触れようと思ったのが、ワタクシが働いてる会社の全店ミス集に間違って「非温感」タイプで調剤した例があって、ネタにしようと思ったわけです。
(何ヶ月か時間差があります、なかなかまとめられなくてw)
で、調べるとコイツ面白いというか、厄介というか(゚∀゚)
と、いうのもコイツ、前は非温感だったのに一度発売中止になったようなんです。
いやぁ、「ようなんです」ってのは、前に取り扱ってなかったからよくわからない、ってのが本音で( ^ω^ )
でも、上のお知らせのところにもあるんですが、
「2020年12月でYJコードが変更になります」ってあって、実際その時、本部から「注意しろ!」って知らせがあったんですよね。
あ、前の販売中止になった時のお知らせがこちら↓
ってことは、
『一度、非温感タイプで販売中止したけど、温感タイプで復活したぜ!』
ってことか!
なんかフェニックスみたいでカッコいいじゃん(゚∀゚)
いやいや、かっこよくねぇわ‼︎ミスの元だし、温湿布は刺激が出やすいし‼︎
で、このまま終わらしても良いんだけど、せっかくだから温湿布をまとめようかな、と。
前にもまとめてますね↓
でも、今回調べてて載せ忘れたのに気づいたんですよ、ハーネシップを!
大容量しかないのに一人にしか出てなくてねぇ、在庫に頭悩ませてたのになぁ( ^ω^ )
【温湿布一覧(令和3年4月5日時点)】
★インドメタシン製剤
ラクティオンパップ70mg(先発)
★ケトプロフェン製剤
ケトプロフェンテープ20mg&40mg「ラクール」(後発)
★サリチル酸メチル製剤
MS温シップ「タイホウ」(後発)
MS温シップ「タカミツ」(後発)
ラクール温シップ(後発)
ハーネシップ(後発)
★フェルビナク製剤
フェルビナクパップ70mg「タイホウ」(後発)
★フルルビプロフェン製剤
フルルバンパップ40mg(先発)
★ロキソプロフェン製剤
ロキソプロフェンNaテープ50mg&100mg「タイホウ」(後発)
ロキソプロフェンNaテープ50mg&100mg「三友」(後発)
以上。
仕事の話はここまで。
エンディングは、今更だけど歯列矯正すっぜ!って話。

長年コンプレックスだった歯並びを、遂になおすことにしました。

きっかけは市の歯科検診で近くの歯科へ行った際、乳歯が残ってることは知ってたんですが遂に抜けてしまう可能性があると。

で、抜けてそのままだと倒れ込み等あるから、矯正してみては、ということでやることに。

この前、検査で受診したけど自費だから高いねぇ。

そうそう、検査の時に写真撮るわけですが、口がよく見えるように器具でひろげて写すわけですよ。

猛烈に変顔になってる意識があるんですが、よく笑わずにいられるな、と考えちゃうわけです。流石、プロ(違

矯正終了したら、ブログやTwitterのアイコン変えなきゃなぁ。

5年がかりなので当分先ですけどね。

さぁて、月末にはワクチン希釈分注業務で出動します。

ワクワクチンチン♪

ジャンクG
さよなら、さよなら、さよなら
スポンサーリンク
PC用広告


PC用広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告